2007年05月31日

「第10回 日本臨床救急医学会総会」で発表しました!

ご報告が遅くなりましたが「第10回  日本臨床救急医学会総会」にて
MEDIC INFOについての発表を行なって来ましたぁグッド(上向き矢印)

私の発表は5月18日でしたが、学会は17日、18日の両日で開催。
なにしろ、医学会というのもへの参加が始めてでしたので ドキドキしながらの参加となりました。

「日本臨床救急医学会総会」では
9つの会場を使って、400近い演題や特別講演、パネルディスカッション、ワークショップが行なわれたのですが、そのうちの 私たちの発表は、一般演題のひとつで約10分の持ち時間。

9つも会場があるし、一般演題だし いわゆるちょっと大き目の会議室のようなものかなぁ。
なぁんて タカをくくっていたら・・・なんと!!
発表の場は神戸国際会議場のメインホール。
2階席まであって約700名を収容できる本格的なホールだったのですあせあせ(飛び散る汗)

やばーい。緊張しちゃいますよ・・・
と、出発前にはビビっていたのですが、実はそうでもなかったのです。
なぜなら、あまりにも 時間がなくて とっ散らかっていたので緊張する暇がなかったから。。。

実は、発表用の資料の作成が まさに「夏休みの宿題」状態で
資料の元となる題材はそろえてましたので、大丈夫〜!
と思ってたんですが、制限時間内に詰め込むのがあんなに大変だなんて・・・。

出発の前日に「1人リハーサル」をやってみたら、なんと15分もかかるがく〜(落胆した顔)
持ち時間は10分でも 質疑応答も含めてですから、6分くらいにまとめなくてはいけないのですもうやだ〜(悲しい顔)

という事で、前日の夜になんとかザクッとした修復をして出発。
移動時間の間も「1人リハーサル」で、さらに詰める場所を検討。
到着してからホテルで 手直し。
共同演者のugetuさんと合流してからアドバイスをいただき、さらに手直し。
そしてまた「1人リハーサル」。これの繰り返しで 結局 午前三時までかかりました。

発表当日は、どうしても聞いてみたいランチョンセミナーがあったので、それに間に合うべく準備をせねば!と
ホテルのビジネスコーナーで印刷して、最終の「1人リハーサル」。
そして発表資料を学会本部に届け、やっと一息。

そうこうしてるとランチョンセミナーの時間なので、慌てて会場へ向かったのですが
ここで迷いました・・・。違う会場に行きました・・・。さらに、とっ散らかる訳です。
落ち着かないまま本当の会場へ急ぎ、無事参加。

終わったら今度は自分の番なので、会場前で共同演者のugetuさんと合流して最後の調整。
そして、今回わざわざ取材に来てくださった 日本医療衛生新聞の西山さんともここで久しぶりにお会いしました。

西山さんとは、本当は発表後にゆっくりとお話しする予定だったんですが
これまた、不幸にも予約していた飛行機がキャンセルとなって、急遽一便前に載る羽目になり
結局、見に来てもらうだけになってしまって、申し訳ないことをしてしまいました。
本当に本当にすいませんでしたふらふら

070518_1.jpgという事で、いよいよ私の番です。
こんなにバタバタな状態が功を奏して緊張しなかった私。
落ち着いて話せたような気がします。
ただ、時間を気にしてシナリオを作って挑みましたので、棒読みになっちゃってましたが

Photo by 日本医療衛生新聞 西山氏

そんなこんなの発表会でしたが
医療従事者の方々からも

「MEDIC INFOは良いアイディアですね」

とのお言葉をいただけた事がなにより嬉しい出来事でした。
知ってもらえる機会を増やせれば、MEDIC INFOを良いと言ってくださる方は多いはず!
という想いに確信を持たせていただきました。
頑張らなければ。

バタバタと過ぎてしまいましたが、本当に貴重な時間を過ごせた事
この機会を教えてくださったugetuさんに感謝です。
そして、こんなバタバタな私たちにお付き合いいただきさらに写真までご提供くださった日本医療衛生新聞の西山さんにも感謝致します。

本当にありがとうございました。

最後になりましたが、発表の際に使用しました 資料がこちらです。
今回の趣旨は・・・

 医療従事者または救急救命に携わる方々向けに、MEDIC INFOを始めとしたMedical IDを知っていただき、ぜひそれぞれの立場からひろめて行っていただきたいという内容で
欧米の状況や日本での利用者の方々の傾向性などをお話させていただきました。

PDFファイル形式ですが、良かったら見てみてくださいね。↓↓↓
救急医療の現場で迅速かつ確実な情報を授受する為に。
「Medical ID」アクセサリー


posted by MEDIC INFO at 15:41 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | MEDIC INFO ショップ!

2007年05月16日

「第10回日本臨床救急医学会総会」でMEDIC INFOについて発表します!

近々になっての記事アップで恐縮なのですが・・・。

実は5月18日に神戸で行なわれる
「第10回 日本臨床救急医学会総会・学術集会」
にてMEDIC INFO及びMedical IDについて発表できる事となりましたわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)黒ハート
http://www.convention-j.com/10th-jsem/index.html

いわゆる医療関連の学会で一般人が発表可能な学会は珍しいと思うのですが、
このBlogでもご紹介したugetuさんから情報いただきまして、さらに応募まで
してくださってめでたく採用されました。
本当 ugetuさんには 足を向けて眠れないですexclamation×2

時間としては10分程度ではあるのですが、何かのきっかけになれるように
頑張りたいと思います。

場所:神戸国際会議場 メインホール(第4会場)
平成19年5月18日(金)    14:00〜14:50 のうちの10分間程度

「救急医療の現場で迅速かつ確実な情報を授受する為に
−日本での「Medical ID」の現在−」


と題して、MEDIC INFOだけではなく、Medical ID全体について、アメリカの現状
と比較しつつ日本での現状と今後の展望についての考察を発表する予定です。

参加には、参加費がかかる会議ではあるのですが、もしついでありましたらぜひ
お立ち寄りくださいませ。



posted by MEDIC INFO at 12:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | MEDIC INFO ショップ!

2007年05月01日

AEDで救命措置

打球直撃の投手、AEDで救命処置 高校野球・大阪
http://www.asahi.com/sports/bb/OSK200704300021.html

皆さんはAEDってご存知ですか?
最近はかなり 浸透してきたように思いますが
「自動体外式除細動器」と呼ばれるものです。

ちょっと難しいようですが
"除細動"とは心臓に電気ショックを与えることと考えてください。
その 除細動 を自動で対外から行なえる機械なのです。

心臓が止まったなどの緊急時に、AEDを使うと
機械が 音声で操作手順や確認事項を伝えてくれます。
操作する人はそれに従って行うことで、除細動を実施することができるのです。

今回のこのニュースでのAEDが設置されていたおかげで命を守る事ができたのですね。

AEDの設置が叫ばれ始めてたのは、日韓ワールドカップの前からでした。
スタジアムにAEDを設置しようというきっかけから 設置への活動が始まっていたように記憶しています。

その頃、実際にAEDを設置してもらう為に、頑張っていた方を見ていましたので、いろいろとご苦労があった事を思い出します。
そんな苦労のたまもののAEDがここでも役に立っているんですね。よかったよかった。

さらに この間 某病院で、AED付のジュースの自動販売機を見かけました。
ブレブレですいませんあせあせ(飛び散る汗)
AED_jidouhanbai.jpg
自動販売機につけるのかぁ。
そうすれば、屋外でも新たにスペースを増やさなくても設置できるのかぁ。
と妙になっとくな感じです。
(写真の自動販売機は室内でしたけどね)

posted by MEDIC INFO at 13:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康や体に関すること

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。